お金と働き方のはなし

幸福度高くお金を使うには○○をしよう!

ちえぶくろ
当ブログは広告やアフィリエイトリンクがあります。
この記事でわかること
  • 支出を「投資」と「浪費」の2つに分けることが大事なのがわかる
  • 投資・浪費の違いがわかる
  • 投資・浪費に分けるためには、どうすれば良いか?がわかる
  • 自分のテンションが上がるのはどんな時か?を知ることが重要なのがわかる

こんにちは~!ちえぶくろです!!

今回は

幸福度高くお金を使うには優先順位をつけてその順に投資をしよう!

というテーマでお送りします。

前回の記事で飲み会を

つきあいの飲み会腹から笑える飲み会

の2つに分類して、腹から笑える飲み会には積極的に参加しよう!と勧めましたが、

私は飲み会がそれほど好きでもなく、というかむしろお酒が飲めないタイプなので、単に「みんな楽しい飲み会をしようぜ!」と言いたいわけではありません😅

私が言いたいのは、何事においても

支出を「投資」と「浪費」の2つに分類できるようになれば、

幸福度高く、生活満足度を下げず

自分の大事なお金や時間を的確に使えるようになりますよ

ということです。

そこで今回は

  • 投資・浪費とは何か?投資は資産への資本投下浪費は負債への資本投下
  • 投資・浪費の決定的な違い投資は未来への資産になる浪費は未来への遺産になる
  • 幸福度高くお金を使うにはどうすれば良いか?→投資と浪費に区別して、自分のテンションが上がることとその順序付けをしたうえで、その順どおり投資する

の3点について解説したいと思います。

さいごに補足として、人間であるがゆえの間違いがあるからこそ、投資と浪費に区別することやお金の使い方は難しいことも解説していきます。

前回の記事を読んでいない方は、ぜひ↓↓↓をご覧ください。

前回の記事はこちら
アルツハイマー親の介護話から他人に対する接し方を考えた
アルツハイマー親の介護話から他人に対する接し方を考えた

投資と浪費とは何か?

さっそく結論になってしまいますが、

投資とはその名の通り

  • 産に資本下すること

浪費とは

  • 負債に資本投下すること

です

資産・負債・資本とは何か?

シサン?フサイ?シホン?なんのことかサッパリわからん…

てか、つまらん…

クマッタ
クマッタ

大丈夫。わかりやすく教えるよ。

金太郎
金太郎

資産はわかるか?

自分が持っている車とか家とかモノやお金のことだ。

あと家族とか親しい友人とかも資産になる。

それに、目に見えるモノだけじゃなく、楽しかった思い出や出来事も資産だ。

つまりここでは、自分の人生にとってプラスになるモノやコトを資産と呼ぶよ。

金太郎
金太郎

フサイは?夫と妻のことか?

クマッタ
クマッタ

それは夫妻な!

金太郎
金太郎
クマッタ
クマッタ

文字にすると、なぞかけがすぐバレるなぁ。。

ブログ初心者にはレベルたかすぎだなぁ。。

負債とは借りたモノのことだ。

一般的には借金のことを負債って呼ぶことが多いな。

ここではマイナスになるモノやコトを負債と呼ぶぞ。

そして負債は返さなきゃならないモノだから、返した後には何も残らない。

資産の反対で遺産になってしまうんだ。

負債がもし返せないモノやコト(思い出)ならそのまま負債として残ってしまう、おそろしいやつだ。

金太郎
金太郎

最後はシホンか。ふわふわの洋菓子のことか?

クマッタ
クマッタ

それはシフォンケーキ!

金太郎
金太郎
クマッタ
クマッタ

よっしゃ!クマッタなぞかけ決まった…!!

ムダに尺とりよって。。。

本題に戻るぞ。

資本主義とか資本金とか聞いたことあるか?

金太郎
金太郎

ああ聞いたことあるぞ。そっちのシホンか!

クマッタ
クマッタ

最初からケーキの話なんかしてない・・・

金太郎
金太郎

ふっ。なかなか本題に戻らないな(笑)

クマッタ
クマッタ
金太郎
金太郎

クマッタのせいだ、と言いたいけどもうツッコまない。

資本とはズバリお金やモノのことさ!

なにかをする時に使う元手のことを指すよ。

ただし、お金やモノそのものが資本ってわけじゃない。

お金やモノを使って、人が働いてこその資本だ。

金太郎
金太郎

ちょっと何言ってるかわからない(笑)

クマッタ
クマッタ

まーそのへんは難しい話になるから、おいおい説明するよ。

ここでは資本とは何かをする時に必要なお金やモノ、それに時間って考えてくれ。

金太郎
金太郎

クマッタなぞかけでわかりにくくなってしまいました😅

が、まとめると、

  • 資産とは、自分の人生にとってプラスになるモノやコト
  • 負債とは、自分の人生にとってマイナスになる、もしくはマイナスを返しても遺らないモノやコト
  • 資本とは、自分が何かをする時に必要なモノやお金、時間

を指します。

ちなみに

「資」は漢字ひと文字で「たから」「元手」を指します。

漢字のつくりの‘貝’は「お金」を表しています。

これは昔のお金が貝がらっだったから、と言われています。

「債」は漢字ひと文字で「借金」「借りたら返す責があるもの」を指します。

「債」のつくりにも‘貝’が入っているのは面白いですね。

投資と浪費の決定的違いとは何か?

初めに書いた通り、

投資とは、資産に資本投下すること

浪費とは、負債に資本投下すること

なので、当てはめると、

  • 投資とは、自分の人生にとってプラスになるモノやコトに、自分のお金や時間を使うこと
  • 浪費とは、自分の人生にとってマイナスになる、もしくはマイナスを返した後には遺らないモノやコトに、自分のお金や時間を使うこと、

となり、つまり投資と浪費の決定的な違いは、お金や時間を使った結果、

未来の自分にとってプラス(資産)になるか、マイナスもしくは±0(負債もしくは遺産)になるか

ということになります。

よって、

お金や時間を使うとき

  • 常に投資と浪費をはっきり分けられて
  • 常に的確に投資を選んで使えれば
  • 常に未来の自分にプラスになるよう過ごせる

ようになるのです!

ここまでで、効率よく自分の資本を投下したいなら投資と浪費の2つに分類することが重要なのがおわかりになったかと思います。

幸福度高くお金を使うにはどうすれば良いか?

どうすれば投資と浪費を分けられるか?

ではどうすれば投資と浪費を分けることが出来るでしょうか?

飲み会での例

ある飲み会がつきあいの飲み会か、腹から笑える飲み会か分類するためには、その飲み会に参加するメンバーたちとともに一度でも同じような飲み会をしていなければ判断できません。

過去に一度行ったことのある同様の飲み会を参考にし、さらに参加するメンバーなどを考慮したうえで、自分にとって資産になりそうか負債になりそうかを予想し分類することになります。

↑の例のように、あるものを投資と浪費に分類するには、一度でも同様のものを経験していないと判断できません

一度でも経験したことがあれば、資産になりうるか負債になりうるか判断できるとも言えます。

一度めの資本投下は、浪費にはなりません。

次に同様な資本投下するとき判断するための必要な投資になります

なので

自分がやったことないコトやモノは積極的に資本投下して試してみるのが良いでしょう。

自分のテンションが上がることの順序を知ることが超重要

ただし自分が投下できる資本(=お金・時間)は有限です。

そこで資本投下するに当たって投資と判断したものの順序付けが必要になります。

その順序を自分のテンションが上がる順にし、順序の上から資本投下すれば、幸福度高く投資できるようになります。

自分のテンションが上がる順にお金を使えれば、幸福度が高く、生活満足度は下がらなそうなのはおわかりになると思います。

現在の私の例

現在の私のテンションが上がる順は①ブログ②家計簿などお金に関すること③旅行や人と会うなどの体験④C&Kのライブ⑤仕事⑥その他です

このうち⑤仕事はお金を得るために必要なので、時間という資本は最優先に投資します。他にも家事ややらなければならないことに時間を優先的に使います。

時間に関してはテンションが上がることに優先的に使えませんが、テンションが上がることをするために、仕事や家事などやるべきことをさっさと終わらせるモチベーションにもなるので、この順序付けを決めるのは更に有効になります。

あとは①から順番にお金も時間も資本投下しています。

もし順番の途中で資本が無くなるか無くなりそうになれば、それ以降のものはきっぱり諦めます

こうすることで、限りあるお金と時間を効率よくテンションが上がる順に使えるようになります。

自分のテンションが上がる順序を知っていることが超重要です。

これは実際に書き出してみないと決まりません

一度自分のテンションが上がるものを思い浮かべつつ、書き出しながら順序付けてみてください

例えば

書き出してみて①ショッピング②ゲームの課金③SNS…

などなら注意が必要です。

なぜならどれもお金と時間を無制限にかけられ、しかも負債になる可能性が高いからです。

このような場合は②以降でお金と時間がかかるものをきっぱりと諦めるか、もっと違うテンションが上がるものはないか探してみることをおすすめします。

もしよければ、コメント欄にご自分のテンションが上がる順を書いてくださいね。

生活満足度を下げずお金を使うにはどうすれば良いか?

ここまでをまとめると、

効率よく自分の資本を投下したいなら、投資と浪費の2つに分類することが重要で、

一度経験したうえで投資と浪費に区別し、

限りある資本を自分のテンションが上がる順

プラスになる資産に投資すれば

幸福度高く、生活満足度を下げずにできることがおわかりになったかと思います。

補足

さいごに補足として

  • 投資と浪費をはっきり区別するのは難しい
  • 一度の経験では的確な判断が出来ない
  • 負債が資産に、あるいは資産が負債に変わることがある

の3点について解説します。

投資と浪費をはっきり区別するのは難しい

投資と浪費の2つに分類すると言われて、

自分の人生にとってマイナスになるモノやコトに、自分のお金や時間を使うなんて、そんなバカなことはしないだろ(笑)

クマッタ
クマッタ

と一部のクマとほとんどの人は思うかもしれません。

しかし、これをやらかしてしまうのが人間なんです。

  • 同調圧力に屈して、つきあいの飲み会に出席する
  • ストレス発散でいらないモノをつい買ってしまう
  • マンガ全巻そろえたことで満足して一度も読まない

こういうマイナスになるコトやモノに自分のお金や時間を使う浪費をした経験は、誰にでもあると思います。

しかも投資と判断しお金と時間を使った時点では、浪費になるとは考えず投資になると思ってやっていることがほとんどのはずです。

人間ならだれでも間違ったことをやらかしてしまう。という考え方は、人間の業(ごう)の肯定といって、故・立川談志が唱えていた考え方です。

この人間の業の肯定については、

もし何かやらかしてしまったときに「これは人間の業の仕業だから仕方ない」と考えると心が軽くなることがありますので覚えておいて損はないと思います。

このように、人間はどうしても間違ったことをやらかしてしまうので、仏様でもない限り投資と浪費を区別するのは難しく、お金の使い方は難しいと言えます。

ただしこのような浪費した経験も、繰り返さなければ資産になりえます

また、同じものに資本投下しても年齢や時期によって投資か浪費かが変わることがあります。一般的には年齢が若い方が、浪費としていたものが経験になり投資に変わる場合が多いです。

なのでどれが投資になるか、浪費になるか、を明確に判断するのは余計に難しいのです。

一度の経験では的確な分類が出来ない

また、飲み会に一回参加しただけでは、それがつきあいの飲み会なのか腹から笑える飲み会なのか区別がつかないように、

一度だけの経験では的確に資産になるか負債になるか分類することは出来ません

経験値が高いほど的確な分類が出来る可能性が高くなります。

負債が資産に、あるいは資産が負債に変わることがある

はじめは負債だったものが資産に変わることがあります

たとえば売却価格の高い家をローンで買ったときなどです。

はじめは資産になっていたものが行き過ぎると負債になることもあります

たとえば推し活こそ自分が一番テンションが上がるものだった場合、推し活が資産になっていても、それに使えるお金を超えて注ぎ込めば、借金を背負い生活もままならなくなり負債になってしまう、といったことです。

まとめ

あるものにお金や時間を使うときは、

「投資と浪費をはっきり区別するのは難しい」と知ったたうえで

  • 可能な限り投資と浪費に分類
  • 投資になりそうな方
  • 自分のテンションが上がる順序どおり
  • 自分の未来にプラスになるよう過ごそうと努力する

幸福度高く、生活満足度を下げず、一生過ごせるようになります。

ぜひお試しください。

応用

このような考え方が身につくと、

自分の大切なお金と時間をどういうところに使えば、自分が満足した生活を送れるか?が直感的にわかるようになります。

そして同時に幸福度高く、生活満足度を下げずに、

お金を

  • 貯めるちから
  • 使うちから

が付くようになります。

お金を使うちからは、お金にまつわる5つのちからのうち最も難しいので、今回ご紹介したような方法を意識しながら訓練していきましょう!!

私もまだまだ未熟者ですが😅

さらに応用

資格試験においても、やるべきことを書き出して順序付けするのは重要です。

私は毎日寝る前に、次の日にやるべきことを書き出して順序付けていました。

資格試験以外に、仕事や料理をしようとするときも同様です。

このように手順を整理しておくだけで段取り力が付き、効率が数段アップしますので、ぜひ取り入れてみてください。

以上!ちえぶくろでした!!


みなさまいつもコメントありがとうございます!

今回も心よりお待ちしております!!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ちえぶくろ
ちえぶくろ
1級FP技能士・第55回社労士試験合格者
【異色の経歴】現役料理人からFP社労士合格 【承ります】家計相談および健康寿命後の資金1500万円を貯める伴走支援
記事URLをコピーしました